プロジェクトを創るとは

「子どもらしく、バカに、そして楽しく。」

実際そうなれと言われても、簡単なようで難しいこの言葉を、僕は自分自身ののモットーにしている。どんなときも、どんなことも、子どものように無限の発想を広げて、バカになってポジティブにならないで、そして全力で楽しんで行きたい。そう考えているからだ。

*

この間、S.A.L.の新歓合宿があった。そこで行ったのは、プロジェクト立案ワークショップ。50人の新入生と一緒に、グループ毎に実施した。わくわくって何だろう?もやもやって何だろう?というおおきな曖昧な疑問を、ひとつのプロジェクトという形に昇華して具現化するワークショップだ。

ぼくは統括側ということで、それには参加できなかったのだけれども、みんな真剣に、そしてまじめに頑張っていた。

*

プロジェクトの最終プレゼンテーションが終わった時、ぼくは感じた。
「みんなちょっと、カタいな。」別に悪いことじゃない、カタくてもしっかり構築できているものばっかりだったし、論理的にも実現可能性にも優れているものはたくさんあった。でも、カタい。わくわく、しない。
そのとき僕は思った。「みんな、子どもらしく、そしてバカになりきれていない」って。

*

プロジェクトを考えるとき、ぼくらはまじめにカタく考えすぎてしまうことがたくさんある。理論構築や現実可能性、利益なんかの既成概念に囚われて、ガチガチになってしまうからだ。たしかにそれでも、いいかもしれない。そうすべきだと言う人だって、たくさんいるだろう。
でも、ぼくはそれじゃあ楽しくないじゃんと思ってしまう。いいアイデアとか、すごい面白いこととか、びっくりする企画って、絶対にみんなでわいわい楽しんでるときに飛び出すものじゃないか、と言いたいわけだ。

「こんなんどう?いいんじゃね?」
「あ!それすごい、いい!」
「めっちゃやりたい!」

そんな会話がはじまるようなわくわく感。これが大事。最初に言った「子どもらしく、バカに、そして楽しく。」っていうのはつまりそういうことなのだ。最初から変に網に絡まることなく、自由に発想していくことが、ここでは求められるんじゃないのだろうか。変ないろいろなムズカシイことは、あとから順を追って考えていけばいい。実現可能性が少ないなら、可能性があるようにアプローチしていけばいい。論理性がおかしいなら、論理を構築すればいい。利益が出るか不安なら、さらにアイデアを絞り出せば、いい。
自分がわくわくしないモノなんて、ほかの人もやりたくは、ならない。
楽しいものはきっと、わくわくする。バカなものも、子どもらしいものも、きっと絶対、わくわくする。
それならカタくなりすぎず、楽しく考えたほうがいいに決まってる。

*

たとえばカッコイイ橋を作るときに、橋の大きさも長さも色も形なんにも決まっていないのに、いきなり設計図を書くことはできない。仮に出来たとしても、なんだかフツーの橋になってしまうだろう。よくある、「THE 橋」みたいな橋。
そこで大切なのは、自分が子どものとき、真っ白な紙に落書きした感覚だ。
その感覚を思い出しながら、でっかく、好きなように、自分だけの橋を描いてみたらどうだろうか。もちろん、楽しく、バカに。

そうすればいつか、大きな虹の橋が、できあがるはずだ。

 

(2010/05/19)

カーゴ・カルト

ジョン・フラムというアメリカ人がいる。彼は、バヌアツ共和国のタンナ島で信仰の対象となっている「神様」である。彼が再来すると言われる2月15日には毎年、「USA」のボディ・ペイントをした信者たちが島中から集まり、ジーンズに身を固めた筋骨隆々の男たちが竹槍をライフルに見立てながら行進する。そして夜通し歌い踊り続けて、ジョン・フラムが再来することを祈るのである。かつてタンナ島に大量の物資を運んできたと言われている彼が再来すれば、島は再び至福に満ち溢れるとされているのだ。

この様な信仰はカーゴ・カルト(積荷信仰)と呼ばれ、20世紀が終わるまでメラネシアの島々に多く存在した。どれも、神や祖先たちが船や飛行機で文明の利器を島に運び込み、富と繁栄をもたらすという考え方の上に成り立っており、かつての植民地支配や、アメリカ軍による基地建設のインパクトによって発生したと言われている。孤立した島に文明が大量流入する事で、それに対する過度の憧れが具現化したに違いない。もちろん、文明に塗れて暮らしているぼくらには、そのような信仰はとても奇抜に写るだろう。いつやってくるかわからないカーゴに思いを馳せて待ち続けると言うのは、あまりにも他人任せで、本質を見極められていない気もしてしまう。しかし、現実にそれは存在していたのだ。

オーストラリアの経済学者クライヴ・ハミルトンは、そんなカーゴ・カルトと資本主義経済の間に共通項を見出した。どちらも「物質の量が多ければ多いほど幸せになる」「いつかそれは実現される」という考えを基に成り立っている、と言うのだ。確かに、見方によっては双方とも似通った考え方なのかもしれない。幸せは物質的・金銭的・量的なモノと結び付かないとするハミルトンは、ジョン・フラムを待ちながら夜通し歌い踊るタンナ島の人たちがいつまでも幸せになれないように、物質的豊かさを夢見ながら資本主義の歯車として踊ってきたぼくらも、決して幸せにはなれないと述べている。結局のところ、資本主義信仰も他人任せで本質を見極められていないと、彼は言いたいのではないだろうか。

ハミルトンは、経済成長至上主義を脱して、幸福主義を基本としたスローライフへのシフトダウンをすべきだと提唱している。人間らしい幸せを手にしよう、というわけだ。ぼくらもそろそろ本質に気付いて、歯車としての踊りをやめるべきなのかもしれない。ジョン・フラムは、決してぼくらの島にはやってこないのだから。