DSC_1530.jpg

①自分がたばこをはじめたきっかけ
先輩に勧められたから。そして親友が、吸っていたから、そいつと一緒んいるときは吸っていた。ただしそこからどんどんはじめて行ったのはなぜだろう。

(1)かっこつけ
たばこ=おとな、かっこよい という潜在的なイメージの具現化。ちょっと先を行っているんだぜ、という粋がった考え。

(2)反抗心
親だとか、社会だとか、そういうのに対するレジスタンス的な精神。ヤンキーが社会へ刃向かって暴走するのと同じ。未成年なのに法を犯して吸っちゃってるぜ!っていうそれだけのため。

(3)あこがれ
ヘミングウェイとか、村上春樹の小説の主人公はみんなたばこをかっこよく吸っている。あとは映画も影響が大きいと思う。いろんな映画の要所要所でたばこはクールで、かつ妖しい、きれいさを放っていた。コーヒーアンドシガレッツって映画の力も大きいかもね。
とにかく、そんな類の小説や映画が好きだった自分は、たばこにあこがれた。

②たばこを吸ってよかったところ
(1)静止した時間の確保

(2)時間と空間に対する自分の固定

(3)ある種のアイデンティティの確立

(4)マイノリティとしての視点の確保

(5)マイノリティ・コミュニティ

③たばこを吸ってだめだたったところ
(1)ニコチン依存,たばこ依存
結局理論付けしながらたばこに頼ってる、ニコチン依存が発生してしまっている。抜けだせないかも。やれやれ。かっこつけも継続なのかな?ここはよくわからない。たばこを吸っている自分に酔っている部分があるのかもしれない。やれやれ。

(2)におい

(3)おかね

④愛煙家の言葉や一般論、確立した持論
筑紫哲也「たばこは必要悪」
チェ・ゲバラ「たばこはゲリラ戦士にとって、心の拠り所」

奥田民生 たばこのみ「誰がなんといおうとも、たばこを愛してる。それはもうナイスな友達さ。邪魔しないでほしいな、わずかの安らぎを。最近の唯一の楽しみさ。(中略)少しくらい脱ヘルシー。人間だもの、まじめばかりでもつまらないもの。近頃の世の中に、逆らおうと言いました。」
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND38297/index.html

チャットモンチー 染まるよ「あなたの好きなたばこ。あたしより好きなたばこ。」
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND70868/index.html

一般論「コーヒーとたばこの合い方は異常」
一般論Ⅱ「酒、特にウイスキーとたばこの合い方は異常」

持論「スノボー時に吸う雪山でのたばこ(メンソール)の良さは異常」

⑤いつかやめるのか
(1)本当に好きな人ができて、その人がやめてといったらやめるだろう
(2)子どもができたらやめるだろう
(3)病気になったらやめるだろう
(4)ただし上記の背反時、たばこが1000円になってもやめないだろう

 

(2010/01/22)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>