「Here is a fuck’in conflict city.」

エルサレム旧市街にある安いレストランで食事をしていたとき、仲良くなったパレスチナ人の店員ジョンがぼくにそう言い放った。その言い方には、ものすごい悲しさと、切なさ、そして皮肉が交わっていたに思える。たしかにエルサレムの旧市街は、ぼくが今まで見た町のなかで最も混乱した、そして最も美しい町だった。

いまからおよそ2000年以上前から存在しているエルサレムの旧市街は、たった1km四方の城壁に囲まれたちいさな町だ。ユダヤ教,キリスト教,イスラム教3つの宗教の聖地であり、町のなかには4つの地区ではそれぞれ違う宗教の人々が暮らしている。キリストが死んだという聖墳墓教会から出て、スークと呼ばれる中東独特の騒がしい市場を5分歩けば、聖ムハンマドが天に上ったという岩のドームにたどり着く。ドームの真下には、ユダヤ教徒がエルサレムを開城した跡地と呼ばれている嘆きの壁が。ヨーロッパの京都と言うだけあり、多くの歴史的遺産が混在している。さまざまな時代に作られた建物たちは、さまざまな文化と宗教を吸収していて、美しい。夜に眺める、石で作り上げられた旧市街の町並みはほんとうにきれいで、まるで映画のなかに入ってしまったような気分に陥る。

その一方でエルサレムは、イスラエルとパレスチナの紛争の最前線である。イスラエルは国際的に認められていなくとも、一方的にここを首都と宣言しているし、パレスチナも未来の首都をエルサレムと宣言しているからだ。自爆テロや小さな小競り合いが絶えない。ぼくが帰国した1週間後にも、自動車テロが旧市街で起きた。最近には、岩のドームはイスラエル兵によって強制的に閉鎖され、暴動が起きた。町には常にイスラエル兵が闊歩し、パレスチナ人を監視していた。イスラエルとパレスチナの紛争は、泥沼化しているのが現状だ。これから一向によくなる気配が見られない。ジョンが言った言葉は、そんな意味も包含しているのだろう。

最終日の夜食事をしていたぼくは、ジョンに「極楽」と書いた日本のボディタオルをプレゼントした。「It means “HEAVEN”」とぼくは言った。彼は笑った。エルサレムの旧市街が、天国のような平穏に包まれる日が果たしてくるのだろうか。

(2009/10/29)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>