大麻はなぜいけないのか?

問:大麻はなんでいけないのか、論理的に答えれる人だけ答えてください。ただし、次の事実を踏まえたうえでよろ。なお、「法律で駄目って言われてるから駄目」はただの循環論法だし、論理的ではありません。
「お母さんにテレビ見ちゃダメって言われてるから駄目なの」と言ってるちっちゃい子と一緒です。

あ、タバコに対する極度の嫌煙家にもぜひ考えてもらいたい問題です。近いものがあります。タバコのことでもいいから書いてちょ。

ちなみに大麻を吸おうよ!とか、合法化運動してえ!とかそういう意味の日記じゃなくて、少しでもみんなに多角的な視点を持ってもらおうと思い書きます。僕自身はちなみに違法なところで大麻を吸ったことはありません。そういう話をしたいわけじゃないです。

ぜひ最後まできっちり読んでください。バイアスとかそういう話。

参考文献は「大麻ヒステリー 思考停止になる日本人 武田邦彦著 2009年 光文社新書」

★事実

①世界保健機関(WHO)の調査による比較結果(1963年報告)
(1)大麻の精神的依存性はアルコール、タバコよりも少ない
(2)タバコおよび大麻の身体的依存性はない

②アメリカ国立薬物乱用研究所による比較(1994年)
(1)大麻の依存性=1 カフェイン=2 アルコール=3 ニコチン=6
(2)大麻の禁断性=1 カフェイン=2 アルコール=6 ニコチン=4
(3)大麻の切望感=2 カフェイン=1 アルコール=4 ニコチン=3
(4)大麻の陶酔性=3 カフェイン=1 アルコール=6 ニコチン=2

③WHOの調査結果(1970年報告)
・大麻がきっかけになって、ヘロインなどの麻薬につながることはない

これはれっきとした事実です。んなのうそだろとか言って論破しようとする人は資料を自分で探して読んでください。

★事実ではないが事実だろうと想定されるもの

①各国で2000年前から大麻が栽培されているにも関わらず、嗜好品となることはほとんどなかったことから言えるのは、”嗜好品として”の機能性がアルコールやニコチン、カフェインに比べて少なかったためではないか

②禁止されているものゆえに、手を出したい人間が増える。暴力団など
が資金源にしている可能性がある

③アルコールは世界人類のほとんどが手を出す嗜好品である。毒性は大麻やニコチンよりも強いが、多数が簡単に得る”麻薬”であるがゆえに禁止はしないのではないだろうか。

★余談

①余談だけど、タバコの副流煙の毒性データは副流煙が出た瞬間に計測してます。次の瞬間300倍くらいに膨らみます。気体は拡散します。もちろん吸う本人には害はあるけど、それはまあアルコールも一緒ですよね。周りの人に害がない!と言っているわけではありません。あしからず。

②WHOとかそういうとこでは、アルコールやニコチン、カフェインも麻薬として分類されてます。みんな麻薬だって認識持ってないのは「みんながやるからそれでいい」ってことだよね。みんな麻薬常用者なんだぜ。

③いまのところ、俺が「タバコを吸いながら運転しても事故はしないけど、お酒を飲んで運転したら人を殺す可能性がある。お酒は酩酊状態になり、犯罪を助長することはみんな充分認識してる。でもお酒は悪くなくて、タバコは悪いのはなんで?」っていう命題にも論理的に答えてくれた人はいません。お酒は肝臓を悪くします。ガンにもつながります。なんで駄目じゃないの?分酒とかそういうのないの?

③に関しては俺のぼやき。結局酒は多数派だからやめさせれないってのはアメリカの禁酒法が証明してるよね。毒性が一番強いお酒OKでタバコなど他駄目っていうのは本当マイノリティを優先した考えだと思う。俺が喫煙者だからだけど。俺はちなみにどっちも好き。

さてさて

結局俺がこの日記で何が言いたいのかって、結局俺らは小さい頃とかから植えつけられたバイアス。マスコミ、政府などのバイアスに完全に縛られているんだよなあってこと。「大麻=やばい」っていうのは植えつけられてきた習慣性のバイアスなんですよね。お酒、タバコの方がよっぽどやばいのに。歴史がそれを証明してる。

でもみんなはそれに気づけない。俺も最近まで気付かなかった。それが怖い。結局上からのバイアスに応じる家畜みたいになってる。

大麻に関してじゃなく、いろんな世の中のことに対して。上からのバイアスがどれだけ身にしみついてるのか。そしてもう少し多角的に世の中を見る必要があるんだよなあってことを、みんなにも気付いてもらいたいです。

あ、これは俺のぼやきだけど
大麻は駄目って言われてるから最悪な麻薬で、吸ったやつは死ねとか、タバコの副流煙はまじ体に悪いからタバコ廃絶しろっていってる人たちは、すごい多角的に物事を見れていないんじゃないでしょうか。

タバコに特化して言えば、まあ俺が喫煙者だから言えることなんだけど、確かに害は少なくともあります。だからマナーは守る必要がある。当たり前のことですね。でも、余りにも一辺倒に「害があるからやめろ」っていってくる人は多角的に見れてないと思う。

だってそうでしょ?一個のソースから与えられた情報をもとにそういう意見を言っていることになる。

もっと多角的に。バイアスを取り払って物事を見て行こうよ。

ちなみにどんな嗜好品にせよ節度を持つべき、っていう温和な意見はよくもらいます。その通りだと俺も思います。そうするとお酒もたばこも大麻もやめさせる必要があるとは思えません。俺の意見はそういうもの。全部いいとおもう。個人の問題だよね。

そう。タバコはマナーを持って吸いましょう。嫌がる人の前で煙をもくもくさせるのはやめましょう。お互い様なんだし。

さて、ここまで来た上で、大麻もなんで禁止されているのか論理的に考えてください。タバコよりも、お酒よりも害が無い嗜好品なのになんでだろうか。どうやらオリエンタリズムとかが見え隠れしているらしいけど、むずかしいね。

誰か答えれる人、論理的になぜ禁止か答えてほしいです。
論理的に反論できるものがあれば反論します!!タバコ、酒に関しても可。どしどし募集中。

※俺はこの日記を書く上で、双方の意見を結構比較してみました。タバコに関しても結構日常的に調べてます。そこそこ多角的に判断したうえで出た疑問とみんなへ知らせたかった気持ちで書きました。決して違法のなか大麻吸おうぜとかそういう気持ちで書いたものではないので。

(2009/10/17)